派遣社員として働くデメリットやリスクとは?

介護派遣ランキングでは、高い時給や好きな日に休めるといった、派遣社員ならではのメリットについて詳しくご紹介していますが、今回は逆に派遣社員のデメリットリスクをいくつかご紹介したいと思います。

メリットとデメリットの両方をしっかり理解してから、自分が希望する働き方を決めるようにしましょう。

派遣社員のデメリットやリスク

派遣社員のデメリットやリスク

契約期間が決まっている

派遣社員には雇用契約期間として、一定の就労期間が必ず設けられます。一般的な雇用契約期間は3ヶ月更新としている場合が多く、長いところで6ヶ月、短いとこでは1ヶ月といったところもあります。

つまり派遣先が決まったからといって、正社員の内定を得たときのように浮かれてはいられないという事です。派遣期間が終わったら契約を更新するのか、それとも別の派遣先を探してもらうのか、といったことも考えなければいけません。

派遣切りの覚悟も必要

介護施設が派遣社員を求めるということは、人手不足を早急に解消する応急処置のようなものです。つまり、社員やパートのような直接雇用のスタッフが採用できれば、派遣社員は優先的に解雇(契約終了)という形になります。

また、派遣先の都合によるものだけでなく、派遣社員の能力が著しく低い場合や、多くの派遣先から評判が悪いといった場合、介護士と派遣会社の登録自体が解消されることも考えられます。

今となっては、一方的に派遣切りをされる事は滅多にありませんが、派遣社員に登録したから絶対に仕事に就けるといった安易な考えは命取りになるかもしれません。学びの姿勢は崩さずに、日々スキルアップを心がけることが大切です。

仕事の範囲が限られる

派遣社員というポジションはあくまで助っ人です。利用者様の対応はもちろん、介護計画の考案、レクリエーションやイベント行事などの企画運営はすべて社員スタッフが行うことになります。

派遣社員として、様々な介護施設や事業所で業務経験できるという点に関しては、介護のスキルアップにつながります。しかし、リーダーとして数名の職員をまとめたり、役職に就いて施設の経営に携わったりなど、中身の濃い実務経験を求めるのであれば、派遣社員では難しいでしょう。

それでも派遣社員として働きたい場合は?

これらの派遣社員として働くデメリットやリスクを十分に理解した上で、やっぱり高い時給自由なシフトが魅力的に感じて、派遣社員として働きたいと思った方であれば、おそらく問題ないでしょう。

正社員にも派遣社員にもメリットやデメリットはあります。どちらの働き方が自分に合っているかをしっかり見極めて、納得のいく仕事を見つけていきましょう!

介護派遣会社ランキング

かいご畑

かいご畑かいご畑に登録する人の49%は介護の資格を持っていない人、さらに59%は介護の実務経験がない人となっています。ですが、ほとんどの方が介護士の派遣社員として働いており、多くの方が正社員として確実にキャリアアップしています。

詳細ページはこちら

ベネッセMCM

ベネッセMCMベネッセMCMは介護士派遣の最大手企業で、世の中の派遣介護士の半数以上はベネッセMCMで登録しているといっても過言ではありません。有料老人ホームから特養やグループホームなど、幅広い派遣先を紹介出来る求人情報を多数保有しています。

詳細ページはこちら

スタッフサービス・メディカル

スタッフサービス・メディカルスタッフサービス・メディカルは、介護士、看護師、医療事務といった医療福祉系のお仕事情報を取り扱う求人サイトです。正社員やパート求人も取り扱っていますが、メインは人材派遣。

詳細ページはこちら

Copyright(c) 介護派遣ランキング All Rights Reserved.