介護士の派遣社員と正社員の違いは?給料や仕事内容の違いを比較

介護士の派遣社員と正社員の違いは?給料・勤務時間・仕事内容を比較

介護業界で働きたいと考えている方のなかには、正社員として働くのか、それとも派遣社員として働くのかで迷っている方も多いはず。

近頃は派遣社員の待遇も良くなり、正社員との格差も随分と減りました。そのため「正社員として働くことが正しい」という風潮もなくなりつつあります。

むしろ、派遣社員ならではのメリットに魅力を感じて、あえて派遣社員に登録する人が急増しているのも事実

そこで今回は、正社員と派遣社員の違いをテーマに、雇用条件の違い、給料の違い、勤務時間や残業の違い、仕事内容の違いをまとめて、それぞれのメリットとデメリットを比較してみました。

それぞれの特徴を十分に理解して、正社員と派遣社員のどちらで応募するか参考にしてみてくださいね。

雇用主・雇用関係の違い

派遣社員の雇用主

派遣社員の雇用主は派遣会社です。派遣先となる会社は単なる職場にすぎません。

ですので、給料の支払いや各種社会保険の手続きは、すべて派遣会社が行います。

ただし、派遣先での業務指示は派遣先の企業が行うこととなっています。

派遣社員と派遣会社と派遣先企業の雇用関係図

正社員の雇用主

正社員は正規雇用で直接雇われた労働者のことで、雇用主は職場となる会社になります。

給料の支払い、各種社会保険の手続き、業務指示などは、すべて雇用元の会社が行います。

正社員と会社の雇用関係図

雇用形態の違い

派遣社員の雇用形態

派遣社員は有期雇用となり、派遣先ごとに派遣期間が決まっています。

1ヶ所の派遣先での派遣期間は、一般的な登録型派遣だと最長3年、正社員登用が前提となる紹介予定派遣では最長6カ月となっています。

そのため派遣社員の場合、次の派遣先が見つからなければ、その間は仕事なない、つまり収入がないということになりかねません。

ただ、介護業界はどこも人手不足。もちろん派遣社員も不足しています。

ですので、介護派遣の仕事が無いという心配は、当面の間はしなくても良さそうです。

今後、介護業界は無期雇用派遣が急増する?

派遣には派遣期間に制限を持たない「無期雇用派遣(常用型派遣)」という雇用形態も存在します。

これまでは、有期雇用の契約を繰り返し更新することで、同じ派遣先で働き続けるということは可能でした。

しかし、更新のたびに手続きが必要であったり、同じ部署で働けなかったりと、いくつか制約がありました。

そこで「無期雇用派遣」という新しい制度が誕生。同じ職場の同じ部署でも、3年以上働き続けることが容易になりました

現在、無期雇用派遣に対応している介護会社は「スタッフサービス・メディカル」のみですが、派遣社員のニーズが高まっていることから、今後もますます広がりが予想されます。

正社員の雇用形態

正社員は無期雇用と呼ばれ、会社の就業規則で定められた定年、もしくは辞職となるまで、正社員を雇用し続ける義務があります。

そのため、正社員には同じ会社で長期的に働けるというメリットがあります。

給料の違い

派遣社員の給料

派遣社員の給料は、日勤だと時給制、夜勤専従では回数制になります。

派遣社員として働く介護職員の平均給料は、日勤の場合だと時給1200円月給20万円年収250万円となります。

夜勤専従の場合は1回(2日分)25000円~35000円ほど、月10回のシフトが上限とした場合は月給28万円年収310万円となります。

派遣社員として働く最大のメリットは、働いた分だけ給料に反映されるということ

労働時間が長くてサービス残業も多い介護職。固定給の正社員だと割に合わない仕事ですが、時給換算の派遣社員であれば理にかなった働き方ができます。

正社員の給料

正社員の給料は、月給もしくは年俸制になり、労働時間にかかわらず決められた金額の給料が支給されます。

正社員として働く介護職員の平均月給は22万円ほどで、ボーナスを合わせて平均年収は330万円となっています。

また、職場によっては時間外手当(残業代)が支給される場合もあるようですが、24時間365日稼働の介護業界ではその額もわずか。

そのため、時給換算すると派遣社員よりも給料が低い月もあるでしょう。

ただ、ボーナス(賞与)が出るという点は正社員で働く最大のメリット

一般的な企業では、夏と冬の年2回のボーナス支給があり、1度のボーナスで月給の2~3ヶ月分がもらえると言われています。

しかし、これも会社によって様々。介護業界ではボーナスが支給されない会社も珍しくはありません。

時給 月給 年収
派遣社員 1200円 20~28万円 250~310万円
正社員 - 22万円 330万円

参照:平成29年賃金構造基本統計調査 結果の概況

勤務時間や残業の違い

派遣社員の勤務時間や残業について

24時間365日サービスを提供し続ける入居型の介護施設では、職員が交代制で勤務しています。

そのため、介護士の勤務時間は大きく分けて、早番日勤遅番夜勤4交替制のシフト制となっています。

日中のみ営業するデイサービスや訪問介護などは、早番、日勤、遅番の3交替制のシフト制です。

介護職は早番、日勤、遅番、夜勤の4交替制のシフト制

派遣社員の場合も、早番、日勤、遅番、夜勤でシフトが分けられていますが、正社員との大きな違いは、その中から働きたい時間帯を選ぶことが出来るということ。

派遣求人によっては「月火水は日勤、木金は遅番、土日は休み」といった細かなシフトの希望を出すことも可能です。

残業に関しては、正社員ほど多くはない傾向にあります。

労働者派遣法で派遣社員のサービス残業は禁止されており、さらに法定時間外の労働は時給が25%増しとなることが主な理由です

例えば、時給1200円の派遣社員に1時間の残業をお願いすると、時給1500円を支払うことになります。

これに派遣会社へのマージンが上乗せさせるため、実際に支払う派遣料金は1時間につき2000円ほど。つまり、派遣社員が残業すればするほど人件費が高くなります。

パート社員なら残業しても時給1000円、正社員ならノーコストという中で、わざわざ派遣社員に残業をお願いするのはごく稀。

そのため、必然的に「派遣社員には出来る限り残業をさせてはいけない」といった職場体制になっています。

正社員の勤務時間や残業について

正社員の場合も、早番、日勤、遅番、夜勤の4交替制のシフト制で、日中のみ営業するデイサービスや訪問介護などは、早番、日勤、遅番の3交替制のシフト制となっています。

各シフト、何時から何時までという勤務時刻に関しては職場によって異なります。

残業時間は職場によって様々ですが、特に入居型介護施設では正社員の残業が多い傾向にあります

朝昼夜の食事介助に加え、入浴介助にレクリエーションと1日のスケジュールが決まっている分、ちょっとしたトラブルやイレギュラーで予定が崩れ、それが職員の残業につながるようです。

また、職員の遅刻や欠勤は基本的に正社員がカバーしなければなりません

そのため、1人で2人分のシフトに入る日、急な休日出勤、1週間休みなしといった事も。

ただ、そういった事はごく稀。正社員だからといって毎日残業で、家に帰れないという事はまずありません。常識の範囲内での勤務時間となります。

仕事内容の違い

派遣社員の仕事内容

派遣介護士の仕事は、入社1年目~3年目の正社員と同等の業務になります

具体的には、入浴介助、食事介助、排泄介助といた身体介護が中心で、その他レクリエーションの補助や清掃などです。

派遣社員は有期雇用ということもあって、経営に携わる業務や利用者様の家族対応は任せられないというのが一般的。

また、正社員向けの介護講習や研修といったスキルアップの場にも参加できません。

そういった意味では、正社員との隔たりを感じるシーンもあるようです

ただ、1年2年と同じ派遣先で長期間働いている派遣社員の中には、社員同等の扱いを受けている方もいます。

正社員の仕事内容

介護施設で働く正社員の仕事内容は、入浴介助、食事介助、排泄介助といった身体介護から、レクリエーション、イベント企画、事務作業など、任される業務内容は多種多様。

その他にも、利用者様の対応、医療スタッフや外部サービスとの連携も大切な役割です。

派遣社員に比べると、正社員の仕事内容は総合的に業務範囲が広く、常に責任が重くのしかかる立場と言えるでしょう

しかし、将来的に責任者クラスを目指すのであれば、避けては通れない道。幅広い業務を経験し、キャリアアップしていくのが正社員です。

それぞれのメリットとデメリットまとめ

今回、正社員と派遣社員を比べたことによって分かったメリットとデメリットをまとめました。

派遣社員として働くメリット

  • 勤務地や勤務日など自由な働き方ができる
  • 正社員に比べて業務責任が軽い
  • 残業が少ない
  • 残業中も時給が発生するのでサービス残業がない
  • 職場での人間関係に縛られることがない
  • 仕事が合わないと感じた場合に辞めやすい
  • 働き方によっては正社員より収入が高くなる
  • さまざまな職場を経験することができる

派遣社員として働くデメリット

  • 有期雇用なので仕事が不安定な場合もある
  • ボーナスや昇給といった仕組みがないので給料アップは見込めない
  • 補助的な業務が多くて仕事が単調になりがち
  • 責任者や管理職といった仕事には就けない

正社員として働くメリット

  • 無期雇用で仕事が安定している
  • ボーナスがある
  • 福利厚生が手厚い
  • キャリアアップに応じて昇給し給料がアップする
  • 業務の幅が多岐にわたり仕事にやりがいを感じられる
  • 責任者や管理職といった役員を目指すことができる

正社員として働くデメリット

  • 派遣社員に比べて業務責任が重い
  • 勤務評価が悪いと降格や減給もある
  • 出勤日や勤務時間など希望通りの働き方ができない
  • サービス残業や持ち帰り仕事を強いられる場合もある
  • 職場での人間関係から逃れられない

介護転職は自分に合った働き方を選ぼう

冒頭でも言いましたが「正社員として働くことが正しい」という風潮は古い考えです

確かに将来のことを考えれば、今すぐにでも正社員として働くべきかもしれません。

ただ、派遣社員として様々な職場を経験し、どういった施設のどういった職業の正社員になるか検討するのも賢い転職方法と言えます。

常に改変し続ける介護業界だからこそ転職は慎重になるべき。今一度、自分に合った働き方を見つめ直してみて下さい。

派遣社員として働きたい方

派遣求人を取り扱う介護求人サイトは複数存在します。

まずは「希望する勤務地に対応しているか?」「求人数は多いか?」といった条件で、登録する派遣会社を探しましょう。

また、口コミや評判も要チェック。当サイトでは、特に人気の介護派遣会社を特集しています。

各社の口コミ評判も掲載していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

正社員として働きたい方

正社員として働きたい方は、姉妹サイトの「介護求人ランキング」を参考にしてみて下さい。

介護求人ランキングでは、正社員転職におすすめしたい介護求人サイト全19社の口コミ評判を掲載しています。

その他にも、キャリアコンサルタントのサポート手厚い転職エージェント、無資格未経験でも応募可能な介護求人サイトなどもご紹介しています。

⇒ 次のページ
介護派遣の登録型と紹介予定の違いとは?メリットとデメリットを解説

介護派遣で働くならニッソーネットのかいご畑

かいご畑

派遣求人数 10,000件以上
対応エリア 北海道、宮城県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、岡山県、 広島県、山口県、 福岡県、佐賀県
おすすめ度 評価5.0

かいご畑に登録する人の49%は介護の資格を持っていない人、さらに59%は介護の実務経験がない人となっています。ですが、ほとんどの方が介護士の派遣社員として働いており、多くの方が正社員として確実にキャリアアップしています。

介護派遣会社のおすすめは?転職求人サイトの口コミ評判ランキング

Copyright(c) 介護派遣ランキング All Rights Reserved.